上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 --_--_--



空_20150409


自分の人生をうまく進めるためには何が必要でしょうか?

多くの人は、「一番大切なものは、考え方」だと言います。

であるならば、1日の中で一番に時間を使っているものはなんでしょうか?

考えを高めるための読書や "専門家(先生)との会話" でしょうか?

それとも、携帯のアプリゲームでしょうか?

続きを読む
スポンサーサイト
 2015_04_09



sky


どんな時も「心」が一番大切です。
------------------------

スケートにしても、野球にしても...

スポーツ界で、専属のメンタルコーチを付けて、心技体を根本から鍛えるべく、
メンタルトレーニングをすることはもはや一般的と言えます。

そして、世の中には、たくさんのコーチング手法があります...

今回は、北京オリンピックの柔道で金メダルを取った石井慧さん(現:総合格闘技)のメンタルコーチだった平本あきお氏のオリンピック選手をコーチングする上でのコアな部分をご紹介....続きを読む

 2015_04_02



<メインにもどる> 

⇧現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


・何で嫌なことばかり起こるんだろうか?
・このままで良いのか?
・お金持ちの家に生まれていればなあ。。。
・最近、太ってきたなあ。。。
・アイツさえいなければ、毎日を楽しく過ごせるのに
・健康診断が不安だ〜
・もっと満足のいく人生を送りたいなあ
・やっぱり人生は面白くなくっちゃ

AD



私たちは、人生を生きて行く中で、色々な感情を抱きます。


その感情が「良い感情」であれば、良い方向に行きますが、
その感情が「悪い感情」であれば、悪い方向に行きます。


私たち人間は「感情の動物である」という言われ方は良くされます。


それだけ、私の「人生の質」を左右する感情。


もし、この感情を「自分の行きたい所に導いてくれる感情」にすることが出来るとしたら、
あなたはどう思いますか?


かなり浸透してきた言葉ではありますが、
「アファメーション」という手法を使うことで、


私たちの今までの(意味をなさなかった/マイナスを生んでいた)感情が
「自分の行きたい所に導いてくれる感情」に変わり、
自発的に行動が生まれ、「ありたい自分」に近づこうとする習慣が自然と身につきます。


今回はとてもシンプルなアファメーション(言葉があなたの人生を決める)動画を作成しました。
(⇩再生ボタンより実践♪⇩)




「ことば」は「人を作ります」


(ちなみに私は、この動画を見続けること3日〜1週間程で、一日一日に起きる出来事の感じ方・捉え方が変わり、毎日がとても面白いです♪)

ぜひ、毎日「気づいた時に」実践してみてはいかがでしょうか。



⇧現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


AD


AD



 2014_10_15



<メインにもどる> 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)

今回は、現在募集中の新企画、「訪問者のコメントに答え記事にしていく!」で、気づいたことをシェアしようと思います。

テーマは、「あなたはなぜ仕事をしますか?」です。


考えられる理由には、
「趣味のため」
「お金のため」⇒「家族を守るため」
「人生という暇な時間をつぶすため」
「ただやれと言われたから」
「人格形成のため」
「価値あるものを後世に残し、将来の子供たちに繋げるため
 (未来を作るため)」

(宗教の観点から言えば、)
「神さまの思いをかたちにするため」
「神さまに会う準備をするため」


色々あると思います。

今回は、この中でも、「仕事は趣味のため」について深ぼりしたいと思います。

私はこのことを考える時、
「趣味を仕事にできたらなあ・・・」と自問します。

「なぜ基本的に趣味は仕事になりにくいのでしょうか」
(まだ調べてませんが、実は、趣味を仕事に変えた人は以外と多い気がします。)

そもそも「趣味」はどのように形成されるのでしょうか。


私の見解は以下の図の通りです。
「趣味」の出来る過程

図中の内容をもう一度、述べると、

「趣味」になる過程の多くは、生まれ育った環境の中で、
「したくないこと」「やりたいこと("やりたいこと"と思い込んでいること)」の2つが存在し、
嫌いなものから逃れるために(現実逃避のために)、自分の周りにある(手に取りやすい適当な)ものに巡り会い、取りあえずやっていたら好きになった。。。

⇩その結果、⇩

趣味になった、という流れではないでしょうか。

つまり、図でいうところの中学生を例にすると、

△好きなもの;野球(部活)
×嫌いなもの;勉強

が自分の世界(観)にあり、
友達・親等の誘いで、「流れで」始めたものが野球でそれをやり続けた結果、趣味になったケースが多い。

つまり、取りあえずの趣味であるケースが多いということです。

もちろん、友人・知人の誘いより始めた趣味から
面白さを抱き、メキメキ実力を付け、仕事にする人も沢山います。

恐らくは、「流れ」と「向いているもの」がマッチしたのでしょう。


★★★
勉強よりは野球が好き!

野球が趣味になる。。。
★★★


しかし、多くの場合、趣味は趣味で終わり、仕事に結びつきません。

その理由はこれです。

取りあえずの趣味である可能性が高いからです。


趣味のために仕事をしているのであれば、
趣味を仕事に出来るようにスキルを引き上げれば良いはずです。

その方が、効率的且つ、理想的です。


私は方法はあると思っています。


けれども、多くの方から
「この年では・・・」
「忙しいからそんな時間はないね」
「責任がかからないから良いんだよ」

こんな声が聞こえてきそうです。

それは、一つの趣味に限定して考えているからではないでしょうか。

言い換えると、
野球を趣味でしている35歳のサラリーマンを例に挙げて話を進めるなら、
野球の分野で仕事にもっていくのはかなり難しいです。
(本当に実現したいのであれば、日々鍛錬し、チャレンジしてもいいかもしれませんが。。。そのチャレンジが人生の宝になると思います。)


しかし、趣味は一つでしょうか?

多くの人は2つ、3つ、持っていると思います。

その中の一つの趣味が仕事になり、
その仕事をやって、他の趣味を楽しむ。。。

これは、かなり賢い生き方だと思います。


いくつかの趣味の中に、
「時間を忘れて没頭出来るものはありますか?」
「やっている時に気分が上々⇧⇧になるものはありますか?」
「幸せを感じるものはありますか?」


もし、自分の趣味の中に上記に挙げた感覚があるなら
その趣味は、図中でいう「◎料理(心の底から本当にしたいこと)」
だと思います。

言われてみると、

「そういう趣味ないかなあ・・・」

と思ったのであれば、


自分の世界(観)を広げるために、


行った事がない場所、やった事がないこと、
(分野の違う)普段は会わない人に会うこと、
普段やらないことに挑戦してみると良い機会を得られます。

(⇧注意;これをやって、上手くいかないと「だから慣れないことはやるもんじゃない!!」と自分のチャレンジを後悔してしまうことがあるかもしれません。その際は、「この新たな取り組みは自分成長の良い刺激になる。今回得たことはなんだろう?」と自問するといいです。)


趣味は本当に仕事になり得ないのでしょうか?

答えは「なり得る」です。


それは、本当に自分の人生を変えたい!という思いの問題です。

その思いが本物であれば、道は開けます。
(この時、思いの実行を妨げる「ブレーキ」は何かを明確にすると、実行出来るようになります。)


日々、前進、日々、笑顔♪^o^♪

今日も、夢に向かって進みます。。。



最後まで、読んで頂きありがとうございます。
何か気になる点がありましたら、お気軽にコメント頂ければと思います^^


←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


 2014_09_25



<メインにもどる> 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)

今回も訪問頂きありがとう御座います。

では、さっそく、
起業家・実業家の名言集/本等からコーチング目線で「成果の源」を分析 第5弾をお届けします。


5)ヘンリー・フォード(フォード・モーター)

人生では、目標を設定し、それを見つめ続け、自主的にどんどん行動し、
(個の)価値を創造していくことが大切です。

その道中で共にする仲間は宝です。

唯一、成功に秘訣というものがあるとするなら、

それは、

他人の立場を理解した上で、自分の立場の物事を見られる能力
(広い視野でもものごとを捉える力を持つこと)です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回のキーワードは、

「目標(目的)設定」「自分磨き」「自主性」
「チームワーク(仲間)」「広い視野(高い抽象度の思考)」

です。

もし、あなたが彼らのようになりたいと思ったなら、

もしかすると、「この5つは点在し、個々にレベルを高めなければいけない」

と思うかもしれません。

(最終的に個々の分野のレベルUPは必要ですが、常に線で繋がっており、順番はあります。点在するものをそれぞれにおいて極めていくやり方・考え方は、かなり辛い気持ちが常に付きまとうことでしょう。⇒三日坊主になることも多々あるでしょう。)


しかし、私の記事を毎回読んでいる読者さんたちは既に知っていると思いますが、

この5つのキーワードで山(①基礎部分②中間部分③頂き)を作るなら、
頂きにくるキーワード③は「目標(目的)設定」です。


書店に行ったり、友人、同僚等などからの成果UPの情報の多くは、


「○○スキル向上」「○○管理の効率的な方法」など
①山の基礎部分②5合目辺りの中間部分の話をしているところで留まっています。


一番大切なことは、

「山の頂きにまずイメージ内で立ち、そこから見える全体の風景を元に、『どの山道』が最短か?」を知ることです。
(特に大切なことは、そこに立った時に体験出来るであろう感情です。)


その後で、「山道」を上るための情報を集め、計画(戦略)を立て、実行する。。。
実行すれば、経験値を積む事が出来、自分を磨いていける。。。


自分が決めた「山」だから、「その頂きに通づる山道」も自主的な行動で以てどんどん進んで行く事が出来る。。。


その道中で会う人々は、「同じく頂きを目指している」人だから、
そこにいくための(自分とは違った)情報・経験を持っているはずだから、もちろん協力出来るだろうし、良きパートナーになる。。。


心の底から求めるものを「広い視野(高い抽象度の思考)」で
「目標(目的)設定」をすれば、後は自ずとついてきます。


私たちは、情報収集をする前に、

「山の頂きに(イメージ上で)立つ」ことが最優先事項です。

それなくして、取りあえず、
「業務の効率化を図る方法」「出来るビジネスマンはやっている!時間管理術!!」「世界最強ダイエット術」などの本やその他メディアで情報収集しても血肉になりにくい。。。


偉業を成し遂げた方々は、無意識にもそういう「前提」があった上で、
「山の基礎部分」「山の5合目(中間部分)」の話をしているのだと思います。


情報収集する際は、「山のどこの情報か」
を意識しながら情報を取り入れていくと良いかもです。


それを習慣化するとおもしろい体験が出来ると思います^^


日々、実践!共に自分磨き・成長〜


いつも最後まで読んで頂きありがとうございます。

次回は「成功哲学の祖、ナポレオン・ヒル」です。
(成功者の共通性を見いだし体系化⇒プログラム化した方。私と同じことをやった方ですね。)


←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


 2014_09_24




07  « 2017_03 »  08

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

〜TIPS & AD♪〜






マーク・シューベルト

*ビデオ撮影時点の師の実績;26人のアメリカ人オリンピック選手のコーチ実績の内、29個のゴールドメダル、50以上の世界新記録樹立、300以上のアメリカ記録更新樹立、北京オリンピックの水泳種目で8個の金メダルを一人で獲得したマイケル・フェルプス氏のコーチから直接の指導を受けました。

★Twitter★




PAGE
TOP.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。