<メインにもどる> 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)

皆さんに聞きたいことがあります。

「人間は自己中だと思いますか」
(*これは宗教的な話とかではなくふと思っただけのつぶやきです。専門家でもありませんので、思ったことがあれば、ぜひぜひツッコミを入れて下さい。笑)

「この地球は人間のためにあるのか?」
と言われたら、

私は「NO」だと答えるでしょう。

この世界は(弱肉強食?)食物連鎖によって成り立っています。
ですから、生きるために「相手の命」を頂く必要がある。

自然界の基本は、「自分(たち)が生きるために相手の命を頂きます」

しかし、私たち人間界では「変なこと」が起こっている。。。

(仏教等ある宗教ではいのちあるものは殺さない教えがあるようですが)私たちの日常生活で、自宅等屋内に虫がいると「基本」殺してしまいます(殺そうとします)。

生きるために、殺して「食べる」なら筋は通ると思いますが、そのままティッシュに丸められてポイっ!!

いつも当たり前にやってしまっている行動ですが、この「当たり前感」がふと不思議に思いました。

皆さんはどう思いますか?

確かに、
目の前に虫がいたら気持ち悪いです(気持ちが悪いという感情を抱きます)。 
地球全体で考えても、人間主体(本当に人間主体かは分かりませんが)で地球が色々と変化している感じはあります。

しかし、「生きるため以外で(キモいという理由で)『いのち』を奪うのは正当なのでしょうか」

「何言ってるの? 虫なんかはバイキンマンを持っていることが多いし、人に害をもたらしたり、時には死をもたらしたりする!一種の正当防衛だよ」

という声が聞こえてきそうです。

しかし、ありを例にあげると「あり一匹、二匹が人間の死にどんな影響を与えるでしょうか?」(ありを殺さない人は他の小さな虫に置き換えて下さい。)


・地球は人間のためにあるのでしょうか?
・生きるため(おなかを満たすため)以外でいのちを奪うのは正当なのでしょうか。



今回の話のキーポイントの一つに、恐らく人間が他の動物よりも「感情」という変わった能力が高いことが挙げられると思っています。

「人間は感情のいきものである」と聞いたことがあります。

そうです。

虫を殺してしまう人、虫を見ても全く気にならない人、

それを司っているのは「感情」です。

つまり、「感情」が起こり「行動」に繋がる!

良く「○○をすると良い!」「○○をやれ!」「○○をしなければ」と行動を起こすことのみに一般的に着目されがちですが、実はもう一歩掘り下げる必要ある。

その行動を起こしたいなら、まず感情を変えることから始める!

特に、「したい」「やりたい」という「want toな感情」がとても大切!!


つまり、この「感情」を思うようにコントロール出来ると「行動」も思ったようについてくる、ということです。


「感情を理想の状態にかき立てるためにはどうしたら良いか」は次回の投稿に譲りますが、ほとんどは「カテゴリ;コーチングセッション」に書いていますので、興味がある方はそちらを読んで見て下さい。

今回も最後まで読んで頂きありがとうございます。

←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


 2014_08_31



<メインにもどる> 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)

本7

お金はあくまでツールにすぎません。

しかし、宗教的な見方等色々な言い方はありますが、「現時点において」私たちの住む世界が資本社会であることは事実で、どんな人でも私たちは何かしらでお金に絡まざるを得ません。

(未来はどうなるかわかりませんが。今後「お金」という概念がなくなるという人もいますね。

それを踏まえ、資本主義社会に生きる私たちへの「お金」に対する考え方を教えてくれる本です。

本の紹介(以下アマゾンHPより引用);

パーソナルファイナンス専門の作家で大学講師でもあるロバート・キヨサキが、全く違うタイプである2人の人物の影響を受けて構築した、ユニークな経済論を展開している。

1人は高学歴なのに収入が不安定な彼自身の父親
そしてもう1人は
親友の父親で13才のとき学校を中退した億万長者である。

彼の「貧乏人のパパ」は一生のあいだ金銭問題に悩まされ、ついには家庭生活崩壊の憂き目をみる(立派な人物ではあるが、週払いの小切手では家計が潤うことは1度もなかった)。

一方、「お金持ちのパパ」はそれとは全く対照的な人生を謳歌することとなる(「金のために働く下層・中産階級」が「自分のために使う金には困らないお金持ち」になったのだ)。

この教訓を肝に銘じていた筆者は、47才で仕事をリタイアすることができた。

コンサルタント兼公認会計士のシャロン L. レクターとの共著である本書では、彼とお金との関わりあいを支えてきた哲学が披露されている。

筆者の言い分が延々と続くのにはうんざりさせられるが、それでもなお、学校教育では絶対教えてくれない「経済面でのリテラシー」の必要性を主張する本書は説得力がある。

変わりばえのしない仕事を極めることよりも、収入を元手に資産を賢く殖やすことの方が、最終的には必ず人生に富をもたらすという主義に基づき、仕事に見切りをつけるための資産を得るにはどうしたらよいかを教えてくれる。

金持ち父さん貧乏父さんを読む

←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


 2014_08_29



<メインにもどる> 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)

いつも訪問・購読頂きありがとう御座います。

前回「ブログでビジネスを学ぶ」についての情報交換として人気ブローガーの川島さんのメルマガを紹介しました。

既に「川島さんのメルマガおもしろいですね」というお声を何件か頂いています。
⇒世界を旅する年収1億円ブロガー川島和正のメルマガを読みたい方はこちらからスタート出来ます。

自分のブログ・ホームページで社会情勢やビジネスを勉強出来るのは本当に不思議です。
(ありがたい時代になりました。笑)

もし読んでいない人がいれば、読んでみることをおすすめします。

世界を旅する年収1億円ブロガー川島和正のメルマガ

共に学び、成長していきましょう。

←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


 2014_08_27



<メインにもどる> 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)

今回も訪問頂きありがとう御座います。

今回は「ブログでビジネスを学ぶ」についてです。

ブログでビジネスの情報交換、自社商品のサービスの広告、ブログアフィリエイトをしている人は多いと思います。

でも、ふと気づくととても不思議ですよね。

様々な情報交換が自分のブログを持っているだけで、すごい早さで行われている。。。

そして、それら一つひとつ見て行くと、会社経営の仕組み、ビジネスの流れ(戦略)等をまとまりある知識として身につけることが出来る・・・

中には、会社の経営者の考えも知ることが出来てしまうものもあります。

学校の勉強も大切ですが、実際に自分が当事者としてからんでいるブログの方がより学ぶことが多かったりするかもしれません。

(既に知っている人も多いと思いますが)そう思う方に、
人気ブローガーの「世界を旅する年収1億円ブロガー川島和正」さんの無料メルマガを見てみるのはおすすめです。
世界を旅する年収1億円ブロガー川島和正のメルマガ


私は最近ブログをはじめまして、人気ブロガーの存在をまったく知りませんでしたが、最近読み始めとても面白く購読させて貰っています。

無料メルマガですが、とても価値ある内容だと思いますので、
「1億円ブローガーのビジネスノウハウを学びたい」
「成功法則はたくさんあるけど、川島流成功法則も知りたい」
「すごいブローガーってそもそもどういう考えを持っているんだろう」

そう思った方はぜひ読んで欲しいです。

因みに私は、「成功法則とビジネスノウハウを学んだ川島さんのメルマガから自分のブログをもっと面白くしたい」と思って購読中です。

まだ、読んでいないのであれば、ぜひぜひ読んで見てはいかがでしょうか。
成功法則とビジネスノウハウを学んだ川島さんのメルマガを読む

ぜひぜひ、共に学び、成長していきましょう。
 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


 2014_08_27



<メインにもどる> 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)

本6

本の紹介;

広告の目的は人に行動させることです。

この本を読めば、以下のことを学ぶことができます。

1. 人が何を求めているのか。
2. 人は自分の求めているものをどう思っているのか。
3. なぜ人はそういう行動をとるのか。

それがわかれば、次のことが可能になります。

1. 相手を満足させる方法がさらにわかる。
2. より多くの人にモノを買いたいと思わせることができる。
3. 良質な製品をより多くの人々のもとに届けられる。
4. 人々の生活により多くの満足感をもたらす手助けができる。

続きはこちら

←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


 2014_08_24



<メインにもどる> 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)

私は大学生時代の1年間を休学にあて、カナダでワーキングホリデーをしました。
(体験記はカテゴリ;「カナダ生活」を読んで下さい)

毎年、多くの人が(語学)留学・ワーキングホリデーをします。

しかし、そもそも、なぜ留学やワーキングホリデーをするのでしょうか。

・言語能力向上
・価値観を「磨く」(異文化理解)
・行動力(積極性)を鍛える
・表現力(プレゼン力/コミュニケーション能力)の向上
・専門知識/技能の向上
・自分探し
・海外ネットワークの構築


など、色々な理由で皆さん海外に渡航します。

皆さんはどれに当てはまりますか。

私の大学は学生の半分が留学生というちょっと特殊学校でしたので、ぶっちゃけて言うと
(最近はこのような学校が増えて来ていますが、)上記の理由の98%程はクリアできました。

しかし、それを知っていながらなぜ「カナダ・ワーキングホリデー」をするという決断をしたのか。

もちろん、日本より現地の方が圧倒的に英語(現地語)能力は付きやすいため、
言語能力向上は一つの理由ではありました。

しかし、一番の理由は、上記に挙げたものを「ミックス」して割った感じと言いましょうか、
一言で言うと「人間力の向上」です。

その中でも、特に私が大切にしたこと(大切にしたいと思っていたこと)

それは、

自分自信をマイノリティー(少数派)の「世界」に入れること

でした。

どういう意味か?


私の大学は全校生徒の半分程が留学生と話しました。

私は、留学生の友達をたくさん作ってきたこともあり、彼らの悩み・問題等を聞く機会も多々ありました。
そんな話を聞いて、

「ああすればいんじゃない?こうすればいんじゃない?」
と、軽い感じで答えたり、思ったりしていた訳です。

私たちの日常生活でも良く起こっている状況ではないでしょうか。

しかし、ある時思ったことがあります。

何か違う・・・

そうなんです。


相手の気持ちをきちんと知るためには、自分も経験していないと「本当の気持ち」は分からないんです。


「百聞百見は一験にしかず」
という言葉がありますが、どんな「情報」も経験(値)の上に積み重なって、始めて「輝き」ます。


私は、うわっつらで彼らに接していたことを改め、自分自信をマイノリティーに投じよう、と決心し「カナダで生活」することを決断しました。
(十分なお金は準備出来ていませんでしたが、行動し続ければ何でもなんとかなるものです。)


皆さんは、相手の気持ちをどれだけ理解して会話(相談)しているでしょうか。


「彼ら」の気持ちを理解するために、日々たくさんの(様々な種類の)経験を積んで、一緒に人間力を高めていきましょう。

(堀江さんの本にあるように)
「何もない自分(ゼロ)にイチを足していく」感じです。


そのためにも、まずは行き先(目的地)を決めましょう。

後は、それを「思い」続け、ゼロにイチを足し続けるだけ。


最後まで、読んで頂きありがとう御座います。
読み終わったら確認してみて下さい。

←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


 2014_08_24



<メインにもどる> 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)

ノウハウやビジネスチャンスを知っても
誰もが成功するわけではありません。

残念ながら成功する人はごく一部の人です。
この違いは何でしょうか?

それは行動するかしないかの違いです。

ノウハウやビジネスチャンスが
目の前に転がっていても
ほとんどの人は行動しないがために
成功という結果を得ることができません。

「そんなことは分かっている。」
もしかしたら
そう思われたかもしれませんね。

では、一体なぜ
行動できる人とできない人がいるのか
その違いは何か、考えてみたことはありますか?

それがこの本に書いてあります。
行動できる人とできない人は何が違うのか?

続きを読む

←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


 2014_08_23



<メインにもどる> 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)

本3

もし、あなたが普段の仕事で

・仕事が山積みで残業続き。もっと時間が欲しい。
・案件を抱えすぎで、どの仕事も進まない。
・仕事でミスが多くいつも対応に追われている。
・やらなきゃいけない仕事をよく忘れてしまう。

といった状況にあるなら、この本
「ザ・エクセレンス」はあなたにとって
非常に役に立つ本になるかもしれません。

誰もがそうですが、仕事が軌道に乗ってくると
決定的に時間が足りなくなります。

プロジェクトの推進、問題の解決、部下の育成、、
全ての仕事が自分に降りかかってくるわけです。

こうなったときに大抵の人は限られた時間を
何とかして効率良く使うことを考えます。

ここで登場するのがスケジュール手帳などの
「時間管理」のためのツールです。

ところがこういったツールを駆使しても
なぜか仕事は一向に減らないのです。

なぜ、こんなことになってしまうのでしょうか?

それはほとんどの場合、
「時間管理をすれば生産性が上がる」
という勘違いが原因にあります。

←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


 2014_08_23



<メインにもどる> 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)

本2

社会でビジネスをバリバリやっている人たちはこういう本を読んでいるでしょう。

この本を読んだ後に、テレビで大々的にクローズアップされる「職人」「成功者」と言われる方々を見ると、見方・感じ方が変わりますね。

以下紹介文を引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


ビジネスで成功するために
一番大事なものはなんだと思いますか?

商品でしょうか?
知識でしょうか?
それとも人脈?

もちろんどれも大事ですが、
実は一番大事なのはビジネスに対する
マインドセット(考え方)です。

このマインドセットが弱いとどんなにいい商品や
並外れた知識があっても成功できません。

逆にマインドセットが強いだと多少のハンデを
乗り越えることもそう難しくありません。

億万長者メーカーのダン・ケネディはこの本の中で
延々とマインドセットの話をしています。

もし、商品もあって知識もあるのに上手くいかない。
そんな方はこの本を読んでみてください。

こちらをクリック

←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


 2014_08_23



<メインにもどる> 
←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)

本イメージ1

<本の要約>
*著者からの言葉*

この本では、社員と自分を成長させて、
質の高いサービスを提供し、
いつも不振にあえいでいた会社を
ATMマシンに変えた方法を説明している。

そして、どのように苦境を抜け出し、自由を手に入れたか、
どうすればあなたも同じことができるかもこと細かに紹介している。

「システムを働かせる」
というのは理論ではなく、事実。

そして自分にできたことは
あなたにもできると信じこの本を届けます。

あなたは、「自由」と「豊かさ」を手に入れるには、
今の事業や仕事を変える必要がある
とお考えかもしれない。

だが、たぶんそうではない。

この本を読んで、
「システムを働かせる」ことに取り組んだ方々は、
ほとんどが同じ仕事を続けながら、
仕事の効率を格段に高めて、
ライバル会社を大きく引き離したり、
出世の階段をどんどん上がったりしている。
(中略)

会社経営は芸術活動。

根気よく成長し続け、次々に障害を乗り越え、
何があろうと質を改善しつづけ、
最終的には、過去にはなかったような
素晴らしい作品を作り上げる。

成功を収めた会社は、価値のある、
自立したシステムで、経営者や従業員から、顧客まで、
かかわりのある人全員に利益をもたらしている。


あなたが今つまずいていたとしても、
そうした会社を目指して、
歩き始め、走り出すこともできる。

自分に成し遂げられること、
貢献できることを低く見積もってはいけない。

(この本は、人生の中の仕事への向き合い方を価値あるもの、重要なものにする力があると思っている。)

この本に興味がある方はここをクリック

←現在何位?(毎回、訪問したらポチッとクリック!)


 2014_08_23




07  « 2014_08 »  09

SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

AD&TIPS




【iTunesにてPodcast 配信中↓】


『効果的な反省』をしてプラスの改善と行動が出来るようになる方法とは? – 東郷平八郎氏の『五省』とは?
マーク・シューベルト

*ビデオ撮影時点の師の実績;26人のアメリカ人オリンピック選手のコーチ実績の内、29個のゴールドメダル、50以上の世界新記録樹立、300以上のアメリカ記録更新樹立、北京オリンピックの水泳種目で8個の金メダルを一人で獲得したマイケル・フェルプス氏のコーチから直接の指導を受けました。

★インスタ・フォロワー数約7000人★

どんな反省をしていますか⁉️✋😳💦必ず改善と前進が出来る『五省』とは⁉️ ・ 1日、1ヶ月、1年...と、僕たちは反省を定期的にして、 ・ 改善点を見つけて👀、それらを気をつけて、また次回の行動に生かすコトをする訳ですが、 ・ 実際、どんな反省の仕方が理想的なのでしょうか⁉️ ・ もちろん、反省の仕方なんて山が噴火するほど🌋ある訳で、個々に合うあわないがあります ・ 僕たちは、自分に✨合うもの✨を実践するのが一番良いいことは知っていても、今、実際にやっている反省方法が、 ・ もしかしたら、間違った、つまり長続き出来ない(継続出来ない)反省のやり方をしているかもしれません ・ もし、☘もっと良い反省方法を知りたいかも🤔...☘ ・ と、ちょっとでも思ったならば、 ・ この機会に、見直してみてはいかがでしょうか⁉️✋😳 ・ 今回は、日本🇯🇵の歴史の一コマを創った偉人、東郷平八郎氏に学びたいと思います☝️🙎‍♂️ ・ 以下のこれら五つを自問して、自分の行い、心のあり方を振り返る👀☘というカンタンな効果的反省方法☝️☝️🙎‍♂️ ・ (以下、東郷平八郎氏、名言より引用) ☘☘☘ ・ ” 誠実さを失っていることはなかったか❓ ・ 言葉と行動に恥じるところはなかったか❓ ・ 気力に欠けているところはなかったか❓ ・ 努力に足りないことはなかったか❓ ・ 何をするにも面倒くさがっていないか❓ ☘☘☘ ・ これら五つを自問し、 ・ 1〜5の五段階で評価、そして、出来ていないと思われる1、2、3に的をしぼって、 ・ それらが☘どうやったら、4、5になるかを考え、実行☘してみる... ・ しかし、 ・ ここで、重大なことがあります☝️🙎‍♂️ ・ それは、 ・ ☘自分は出来ている、と思っても、本気で、マジで💪🙎‍♂️やっている人たちとの基準がそもそも違う☘ ・ というコトがよくあります ・ なので、自分なりの評価が終わって、どうしたら、今の状況を改善出来るかを考え、再実行をスタートしたら、 ・ 同時に、その道のプロなど、マジでやっている人たちの✨量と質(心💕はソコにありますか⁉️👋😳)✨も確認しておくことが大切!だと、僕は思っています ・ 気が向いたら、紙を出して、ペン🖋を持って、さっそくやってみたら良いことありそうやなあ...🤔 ・ と、今日もまた、くだらない独り言でした^^💦 ・ いつも、くだらない話🗣に最後まで付き合って頂きましてありがとうございます😊☘ ・ 忙しい中、時間⌚️を割いて頂き、感謝感謝です🙇✨ ・ Taiwa Sato (写真は過去のハロン湾🏞の写真です) ・ #taiwa #cocoacana #コラム #自然 #観光 #旅行 #旅 #画像 #おすすめ #写真 #ここあかな #人生 #ものの考え方 #目標 #夢 #海外 #ボランティア #海外旅行 #自分磨き #勉強 #人気 #山 #健康 #旅人 #日記 #自分磨き #ここあかな #佐藤 #太和 #enlatierra #感謝 #幸せ

Taiwa Satoさん(@taiwa_cocoacana_com)がシェアした投稿 -




PAGE
TOP.